リサイクルショップで現金しょう!

私は、よく自分で買った物を現金化している。不用品や携帯電話、スマホや余った商品券や余ったアマゾンギフト券などです。よく行くのはリサイクルショップですが、本等も現金化して居ます。リサイクルショップで、現金に換金した物は、ギターや、アンプなども換金しました。アクセサリーを現金に換金した事も有ります。他に、煙草を現金に換金した事も有ります。ライターも現金に換金した事も有ります。ギターのエフェクターも、現金に換金した事も有ります。マイクも現金に換金した事も有ります。ボーカル用のエフェクターも現金に換金した事も有ります。一番多いのはパソコンを現金に換金した事も有ります。本は、古本屋で、現金に換金した事も有ります。ネットでも現金に換金した事も有ります。本で一番現金に換金したのは、実用書を現金に換金した事も有ります。その次は、小説を現金に換金した事も有ります。でも一番多いのはリサイクルショップで現金に換金した事でしょう。

いろいろな考え方はありますが、お金が必要な場合は携帯決済でお金を借りる方法もあります。このサイトで解説してました。ドコモ携帯を現金へ

 

ドコモケータイ以外にソフトバンクまとめて支払い、auかんたん決済なども換金できます。

 

携帯の現金化の仕組み

急に現金が必要となったのですが、生憎手持ちはおろか通帳にも必要額がないという有様でした。

頭を抱えて悩んでいたところ、友人から携帯電話の決済枠を現金に換金する方法があるという話を教えてもらったのです。

携帯電話には各会社、毎月電話料金と一緒に支払える一定の買い物決済枠が存在しますよね。あれを有効活用し、現金に換金化するわけです。

具体的には、いったん決済枠内での買い物をしたという建前にして、換金業者に枠の買取を依頼します。

たとえば1万円の買い物をしたという流れで申し込みをすると、7000円弱の現金が手元に振り込まれる仕組みです。

当然のことながら月末には携帯電話会社から、使った1万円込みの支払い請求が来るので、ゼロから現金を生み出す魔法というわけではないのですが、それでも給料日までにある程度のお金がないと困るなどといった急を要する時には、充分使える換金手法だなとは思いました。